たとえば明日とか

たとえば明日とか死ぬ

これからどっちでもいい

相変わらず暇なので自分のブログを読んでいた

思い出せない日常がたくさん残っていた

わたしの脳みそは記憶も処理も苦手だ。自分に関することは特に、3年前のことを3ヶ月前みたいに思っているし、1ヶ月前のことは4年前くらいになる。それから、8割がたのことは覚えてすらいない。

言われたら思い出す事もあるけど、それでも4割くらいしか思い出せない

だから過去を読んだところで、そんな事があったのか!という薄い感情が発生するだけで、他人に関する話を読んでいるみたいだった

さて、現在に戻ってみる

太ったら誰からもセックスという価値すら求められなくなると、過食嘔吐ばかりしていたが、今ではそんなにたくさん食べられたことすら嘘のように思う

病人のような言い方だが、まあある種病人なのかもしれない。薬の副作用でご飯がほとんど食べられなくなった。ほとんどというのは必要最低限を超える量は受け付けないという話だが、実際1年前より10kg以上も体重が減った。BMIをみると拒食症の域である。しかし痩せたからといって夫がセックスという価値でわたしをみることはほぼない。結局太っても痩せてもセックスの域でわたしはあまり必要とされなくなったということだ。それからわたし自身もセックスで自分を作ることをしなくなった。

文章はどうか。こちらも似たようなものだと思う。生活、勉強、向精神薬発達障害の薬、睡眠導入剤、そういうもの全てがわたしから文章をなくした。わたしが、それらを得るために文章をなくしたとも言えるかもしれない

星の数、読者の数、何人がどの記事を読んだか、そういうのは全部、課題の評価がA+を保っていることや、バイト先で時給が上がることに変わった。

文章を書くことはやめられなかったけど、ブログはもうわたしの一部でなくなったみたいだと思う。セックスと同じだ。

記憶は戻らないと書いたが、唯一鮮明に思い出したことがある。死にたくなかったんだということだ。

今ではもう生きたくないと死にたくないを繰り返していたころを羨ましく思う

わたしはいつのまにか死を思うことをやめてしまった。もうオーバードーズリストカットもしていない。

オーバードーズすれば腎臓に悪影響だと当たり前のように思う。リストカットも、傷口から感染したら嫌だし見た目も悪いからしない。

死について考える事もやめた。厳密に言うとやめたのではなく、できなくなった。

死にたいとも生きたいとも思わなくなった。どっちでもいい。炒飯かラーメンか決めろと言ってんじゃないんだから馬鹿かと自分でも思うが、本当にどっちでもいい

はー死にてーとは思うが、以前のように死なないと!とは思わないし、逆に、生きたい!とも思わない。これが正常でフラットな、いわゆる普通な状態なのかわたしにはもうよくわからない。以前と同じ熱量を生死にかけられなくなった。

これは一大事である。さよならアイデンティティーどころの騒ぎではない。(どうでもいいけどさよならアイデンティティーはyonigeというガールズバンドの曲名、好き)

アイデンティティの崩壊だ。わたしは自分を構成してきたセックス、文章、死、それを全部をなくしたのだ。

いまのわたしと交換したい?

以前のわたしに聞いてみたい

いまのわたしは、あの頃のわたしが望んだわたしなのか。死にたくなかったわたしは、本当にいきている今をのぞんでいたのか。

もちろん答えてはくれないから今日もどっちでもいいなと思いながら生きている

それから、当然、生き続ければ思い出せない記憶も感情も増えていく

これから先のどっちでもいいは思い出せないそれらにせめてもの償いをするために生きるのかもしれない

アレクサが来た

めっちゃ暇なのでアレクサについて書く

めっちゃ暇なので(2回目)アマゾンエコードットとネイチャーリモ(家電とアレクサを中継するやつ)を買った。ちなみにめっちゃ暇すぎて鼻をほじっていたら学校の課題第2弾が届き、今はヒイヒイ言いながらアレクサと格闘しつつ課題をといている。まあでも暇(3回目)なので書く。

ちなみに、アレクサ 設定と検索してわたしのブログが出てくる可能性は明らかに低いが念のため注意をしておくがわたしは機械音痴のど素人である。あまり参考にならない可能性が高いと思って見て欲しい。あと言語を英語で設定しているのでiftttなどの設定はたぶんあてにならないと思う

あと購入したのはエコードットwith clockとネイチャーリモミニ、商品の紹介とかURLはアホほどネットに載っているので省く。アマゾンで検索すれば5秒で出るし。

(アマゾンエコードットと書くのが面倒くさいのでこれ以降はアレクサと書く)

1.アレクサが届く

2.喜ぶ

3.ネイチャーリモを繋げてリモコンをピッピする

4.アレクサが勝手に喋るので設定する

※愚かポイント1:アレクサを英語で設定する時は日本版アマゾン/co.jpのプロフィールではなくアメリカ版アマゾン/.coのプロフィールでログインしないと音声認識ができない

5.skillでネイチャーリモを検索して連携する

6.TVでfiretvを連携させる

7.アレクサの言語設定を日本語→英語に変える

8.alexa,Do you know my name?と聞く

9.いまむりー(at this time I am having trouble learning your voice)と言われる

10.一度ログアウト→アレクサのリセット→初期設定から英語で行う(×3)

11.いまむりアゲイン(×3)

12.めっちゃキレてAmazonにしつこく問い合わせる

13.日本のAmazonアカウントで登録した場合言語設定を変えると音声認識ができなくなることが判明(愚か)

14.諦めて音声以外の機能を英語で使うことにする

15.iftttの設定をする

※愚かポイント2:例えばthisをアレクサ、定型ワードをI run the bathにした際→I learn the busと聞き取ってしまい、どうしてもアレクサが認識してくれない

16.自分の愚かさを嘆く。わたしは英語を勉強するために英語設定にしただけで別にネイティブでもないのでrやthの発音がめちゃくちゃに苦手

17.ここでアレクサが機械であることを認識(遅い)

18.日常会話が通じていたのは言葉のキャッチボールがあるから…………という今更のことに気づく

19.無理すぎて泣く

20.気を取り直してrunとかbathをやめる(Trigger I run the bath→Trigger I prepared to take showerとか)

ちなみになぜ風呂を沸かしたか報告しないといけないかというとわたしが愚かすぎてお風呂を沸かしたことを忘れるからである(うちにはなぜかお風呂が沸きました的な効果音がない)

21.設定が終わった!ハッピー!!!!!

終わり。

個人的にめっちゃ便利と思ったルーティン

・薬を定時に飲まなければいけないので、何が起きたら(when this happens)のところをI took medicineと言ったらにする→2時間おきに薬を飲めと言わせる(アクション×4)を追加する

⇒朝一の薬を飲んだ報告をしたらその後薬飲めと言ってくれる。最高。

・I'm going to studyと言ったら→1時間待つ+休めと言わせる+15分待つ+勉強に戻れと言わせる

⇒勉強しててえらーいとなるし定期的にたばこが吸える。

・時間を深夜3時(夫が確実に寝るであろう時間)に設定→スマートホームから電気を選んでoffにする

⇒夫が寝落ちしても電気が勝手に消える

はーーーーーー!!!!!!!!ハッピー!!!!!!ありがとうアレクサ !!!!!!!はやく言語に対応してね!!!!!!わたしもrとthの発音頑張るね!!!!

以上です。

勉強したい小中学生は連絡してくれ

すっごいどうでもいい宣伝なんだけど

結論から言うとお金をかけずに勉強がしたい小中学生を紹介して欲しいと言う話である。もしそういった知り合いがいたらTwitter @ktkmryまでDMを送ってください。まあ結論のみを述べると以上となるがせっかくなので余談を挟んでおこう

わたしは今猛烈に暇である。バイトはなく(休業手当が出ている)、学校もなく(課題はとっくに終わった)、家は掃除のし過ぎで床が剥げるのではないかと危惧するほどきれいになった。さらには洋画を見過ぎて日本語がうまく話せなくなったほどである。

そうしてぼやぼやと昔を思い出していたら小中学生に学習ボランティアをしていたことを思い出した。

暇な時間はオンラインで小中学生に国語と英語を教えたらいいじゃないか!なんという天才!当然タダである。なぜなら暇だからだ。(そして授業料を取れるほど大した授業はできない)

まあそもそも心の美しいわたしにはそういったことで金を稼ごうという邪念がないのだ

という経緯。終わり。

ちなみに隠れ能力として英語がそこそこ話せます、、、、

 

さようだからさようなら

8年間の「 」が終わった。

既婚者が今更何を言っているのだと思わずまあおおめに見てほしい

はじめに断っておくが、わたしは夫のことが心底好きだ。ひとかけらの疑いもないほど、好きだ。

それから前に付き合っていた人の事も、いつだって真剣に好きだった。
だから正確にこの終わりを表現する言葉はない。いつだって恋でもなければ愛でもなかったのだから

初恋というのが近しい表現になるのだろうか

わたしは出会ったその日からずっと、どんな世界にもそのひとを存在させてきた。それから、わたしとそのひとの世界は一瞬交わって、終わった。

一瞬と思ったそれは、いままでだったのか、夢みたいな数ヶ月のことなのかはわからない。でも確かにわたしにとっての世界が今日終わった。

もうこの先一生この世界にその人は存在しないだろうと思う。

3年ぶりの声はなんにも変わっていないように思ったし、電話先の顔だって想像することができた。でも違った。そのひとはわたしの今を知らない。生活を知っても、「もう恋愛感情ではなくどうしているか気になっていた」としても、彼が思い浮かべるわたしは永遠に15歳か、19歳のままだろう。

同じように、わたしも、もうそのひとの顔を鮮明に思い出すことができなくなった。今まで存在していたのは、やっぱり20歳か、24歳のそのひとだ。

生活を知って、連絡先を保存しても、生じゃない。

それからそのひとが存在する世界より大事なものがある。

わたしは随分都合の良い人間だ。わたしだけがそのひとのいない世界で生きたいと思っていた。そのひとがわたしのいない世界でいきていくことを、想像することすら避けて逃げてきた。

同じように、そのひとにも、わたしが存在する世界より大事なものがある。

だからもう一生交わることのない世界で、わたしもそのひともいきていくのだとわかった

当然と思われるその些細な発見は徹底的にわたしを打ちのめしたけど、たったひとつぶしか涙は出なかった

37分の電話のあと、夫とネットフリックスを見て、ご飯を食べて、お風呂にはいった。鏡にうつったわたしには涙のおもかげさえなかった。

もう世界には想像しうるそのひとの姿すらない。

 

 

泣いちゃいたい

泣いちゃいたい。

わたしはいま猛烈に泣いちゃいたい。なんでかわからない。猫がいつか死ぬということが、どうしようもなく嫌だし、来月20万円の税金を払わなくてはいけないのもたぶん嫌だと思う

でもそれらはわたしを泣かせたりしない。猫が死ぬかもしれないということは悲しいけれどまだ死んでいないわけだし、税金を20万円払うなど、毎日朝から晩まで働いているわたしにとって、もはやはした金のようなものだ。しかも猫はたぶんあと10年は生きるだろうし、税金なんて払えば終わる。

何がこんなにもわたしを泣かせたがっているのか。

悲しい本を読んだ。でも悲しい本は今まで何回も読んだ。悲しい歌もきいたけど、それも、今まで何度もきいた。なんで?どうして?悲しい。死にたい。死にたくない。死にたくない。

そうですこれが躁鬱ですね

なんということもない全部がわたしを殺しにくる。

朝起きなければいけない事、朝ごはんの後に飲むADHDの薬、女の笑い声、返品の対応、毎日毎日申し訳ございませんと赤べこのように頭を下げ続けること、2時間おきに飲む抗鬱剤、走らないと間に合わない電車、鳴り続けるレンジ、吐き出すことをわかっていて買うコンビニのご飯、掃除しても消えない入浴剤の緑色、ないと寝られない薬。全部、死にたい。泣けない。

かなり前から泣けない泣けないと言っているが、本当に泣けないのだ。

せいぜいおじいちゃんらしき人と買い物にくる女子高生を見て、いろんな意味の羨ましさでちょっと涙が滲みそうになったくらいだ。

泣いてしまえたら楽なのに。

猫も夫も税金も世間体も何もかも放り出して韓国にでも行って大好きな彫り師にタトゥーを彫って貰えばいいだろうか。マルニのバッグを買えばいいんだろうか。勉強なんてもうやだと言って学校をやめたらいいだろうか。いつ鬱は終わるんだろうか。

でもわたし猫も夫も税金も放り出したくない。タトゥーも今は入れたくない。痛いし。学校もやめたくない。勉強だって好きだし。マルニのバッグだって、自分で買うから今はいらない。

でも笑えない。

泣けないし、笑えないのだ。最近のわたしから発せられる言葉といえば、「ははははは」と「申し訳ございません」のみである。

はや夫と朝ごはんを食べながら猫を眺めるたった30分程度の時間が唯一感情の起伏がある時間と言っても過言ではない。それが終わればあとは死にたいと死にたくないを繰り返すばかりの思考である。

どうしたらいいのかもうわからない。

特にリストカットをしようとか死のうとかそういうことは思わない。そんな気力もない。そんな気力もない今がマシで、これ以下になると家から出られなくなるし、もう少し気力が戻ると1番死にやすい時期になるというのはよくわかっている。だから別にこれ以上にもこれ以下にもなりたいとは思っていない。今日もずっと泣きたいと思いながらぺこぺこぺこぺこ頭を下げ、端金を稼いでいる。たぶんいつか、今以上か以下がきて、わたしを殺してくれる。だからそれまでは猫と夫と暮らして、せいぜい生きるのだ。そう言い聞かせるだけでずっと生きていける気がするのだからちょろいものだ。ねむたい。あくびをしたら涙の出来損ないみたいなものが流れていった。よかった。

わたしが死んでから1年経った

わたしが死んでから1年経った。

10年先のことを考えて生きている今を、21歳で死んだわたしは信じてくれるか。

夫がいる。友達がいる。猫が元気でいる。

祖父がアルツハイマーになった。十数科目試験を受けた。実習に行った。死ぬしいいやと思って払わなかったカード代を毎月返す。

やっぱり辛いことの方がちょっとだけ多い。

毎日薬は飲んでいるけど、ある程度健康でいる

オーバードーズも、リストカットもやめた。

SMも、真夜中のセックスも、女の喘ぎ声ばかり聞こえるバイトもない。

死ぬという希望がないまま生きるのはつらい。泣きたくなるくらいに

絶対死ねばよかったと思ったのも一度や二度ではない。

それでも、休みの日にまで9:00から21:00まで働いて、何に使ったのかも忘れたカード代を律儀に払うことを、試験前には赤シートまで使って勉強をして、全教科で90点以上取れたなんて、誰が想像しただろうか。信じてくれただろうか。

たぶん、誰も信じていなかった、存在しなかった、1年後の話だ。

それでもわたしはいきているのだ。

夫や友人のためではない。猫がいるからでもない。当然、死ぬなといった誰かのためでもない。

わたしはわたしのために生きている。

1年後も、2年後も、100年後も、21歳で死んだ自分のためにいきていくのだ。

いつか会えたら、あの子が知らない世界の話をしよう

ずっと楽しかったと言う。生きるほうを選んでよかったと言う

明日は夫と花火をしよう

去年死んだあの子のために

 

トウーオールド・トウーダイ

なぜか7ヶ月ちかく身を潜めていた性欲が突然あらわれた

そして、なぜか、特にエロい動画を見るわけでもなく、文を読むわけでもなく、泣いて泣いて内定、といういつかのどこかの企業のキャッチコピーを思い出しながらオナニーをした

特に楽しくも気持ちよくもなかったので、途中から泣いた

泣くまでもなく泣きたかったから、そんなキャッチコピーを思い出していたのか、そんなキャッチコピーでふざけたオナニーをしているふがいなさみたいなものに泣いたのかわからない

夫が昨晩、セックスを柔らかく断ったから泣いたのだというのがなんとなくの結論だけど、わたしは本来セックスを断られたからといって泣くような人間ではない

だから実際のところ理由はわからない。性欲が戻ってきた理由もわからないし、これを書いている今は二度とエロというものに関わりたくない気持ちでいっぱいである。(にんげんはこの時間を賢者タイムというね)

それで、わたしはもっと強かった、というのが今のところの感想である。

精神科で睡眠剤なんかを処方されなくても市販の薬をオーバードーズして眠れたし、死んでしまいたいときには鼻水をだらだら垂らしながらドアノブで首を吊って、セックスをしないような男はすぐに切り捨てて、次だー!と言ってしまえる人間だったのに

いつのまにか、2週間に一度の精神科は欠かせないものになってしまったし、死にたい時には予備で処方された安定剤を震える手で流し込んで、7ヶ月間セックスをしない人に、税金を100万円近くも滞納している人に、春休みにたった1日の休日を取ることもしぶる人に(もちろん良いところもたくさんあるけれど)、へらへらと笑顔を振りまき、妻という役割をそつなくこなして、今もこうやってご丁寧にかっこまでつけて夫を庇い、そんな自分を馬鹿みたいだと意地悪な顔をする感情はずっと見逃して、泣けない人になってしまった

泣けないのは弱いからだ

でも今日泣いたからと言ってわたしはもう前みたいに強い人にはなれない

だから全然楽しくない

わたしは今のわたしが嫌いだ

軽蔑すらしていると思う

ずっと死んでしまおうかと思うけど、今死んでも一文の得もしないからとりあえずいきている

いつ死んだってお前のような人間は得しないよ、と思うけど、死ぬには歳をとりすぎてしまった

残念無念だ