たとえば明日とか

たとえば明日とか死ぬ

あなたはわたしの夢をみるか

長いゆめをみた

眠剤は眠りをくれるけど代わりに奇妙な夢をおいていく

空を飛ぶとか、魔法が使えるとか、友達と会うとか、まあなんでもいいがとにかく楽しい夢をしばらく見ていない。

大体セフレだった人とか、前に付き合っていた人とか、そういう人たちに会う夢を見る

好きだった人の夢が1番多い。

すこしだけむなしい。好きだった人は夢の中で最後にあったままの姿でいる。あのころ終わりがはじまるときに言ったことを繰り返し言う。「結婚しないで」

あの人が3年前にわたしに言った。それから、わたしがあの人に少し前の電話で言った。

わたしはすでに結婚しているし、好きだった人も最近婚約した。

いちばん悲しくてむなしいのは、それが睡眠剤がくれる悪夢だということだ。

昨日の夢はやけに現実味があった

わたしたちはしあわせだった少しの期間によく行った公園のベンチにいた。「僕も結婚するからもう最後にしよう」好きだった人はそう言ってわたしの手を握った。わたしはどうやら不倫しているようだった。泣きもせず、すがったりもせず、ただ手を繋いで歩いた。見慣れた酒屋や黄色いブランコが揺れていた。もう今はない白い縁取りがされたベッドでセックスをした。わたしはやっと泣いていた。また手を繋いで歩いて、酒屋のある角でわかれた。

5時36分に起きた。わかれるとき、好きだった人がどういう顔をしていたか、思い出せなかった。夢だとわかっていたから悲しかった。

その人を思うと夢を見るというのと、その人に思われると夢に出てくるというのはどちらが本当なのだろうか。たぶん前者だろう

だから余計にむなしくて悲しいのだ。好きだった人はたぶんもうわたしの夢なんて見ない。わたしだけがこうしてずっとその人の夢をみる。

夢は一方的で、わがままで、あの頃のわたしにそっくりだ。過去形にするのが苦手な、歪んだ顔をしたわたしにそっくりだ。

そういう夢をみたあとは反射的に二の腕に触れる。あの頃とは違う、等間隔の2本の線に安心する。好きだった人の知らない、わたしの線。汚い線。薄いピンクの、線。隣の夫。

 

 

遠いわかれみちに立つ

わたしはこの世界で生きている。遠いわかれみちに立っているわたしを思って、これからもいきていく。

大きな分岐点で分けるとすると、だいたい、わたしの人生は4つくらいになる

1つ目は高校を辞めなかった世界、たぶんこの世界でわたしは普通に高校を卒業して(卒業式では誰よりも泣く)京都造形芸術大学同志社立命館か、まあその辺りのとりあえず京都の大学に行き、上終町というバス停の近くに住んでいただろう。今頃は新卒1年目でなんにしてもヒイヒイ言っているに違いない。

2つ目は婚約破棄をしなかった世界で、これはまあ、普通になんとなくパートとかをして宇都宮で「田舎じゃん」とか言いながらもそこそこ楽しく暮らしている。たぶん退屈すぎてたまに嫌になる。

3つ目は婚約破棄をして、世界で一番好きだった人と暮らしている世界だ。世界で一番好きだった人は日常になって、もしかするとただ数学の蘊蓄を垂れ流すつまらない人になっているかもしれない。

4つ目は結婚をしなかった世界で、わたしはいまもビッチと呼ばれ、専門学校は結局やめていると思う。ヤリマンのまま勉強など1ミリもしないのに慶應に籍だけ置き続け、一時的な安心感を得つつただヤケクソのセックスをしているだろう。

共通していることと言えば、どの世界のわたしもたぶん、全部になりたいと思って生きているということだ。自由でいたいとか、勉強がしたいとか、一人で生きていく力が欲しいとか、誰かに愛されたいとか、まあそんな不満を持って生きているだろう。

どの世界のわたしもこのわたしにはなれないのだ。毎月毎月胃が痛くなるような試験ばかりで、課題の山に埋もれて睡眠剤を飲み、向精神薬を飲み、エンゲル係数を少しだけ下げるために薄い牛乳を選ぶ。

羨ましい?たぶん羨ましいだろう。こちらのわたしがそう思うように、向こうのわたしもそうだと思う。

たとえ、エンゲル係数など気にしなくても良く、濃い牛乳を飲んでいたとしても、彼女たちは勉強ができない。夫にも会えない。誰かと真剣に向き合い、お金の価値を知ることもない。

ずっと年上なのにちゃんと対等に仲良くしてくれる学校の同級生にも巡り会うことはないし、食道って扁平上皮癌になりやすいんだよねとか言っても、なんのことやら、という顔をするだろう。

でもそれでいい。わたしは、この世界で、向こうのわたしができないことをして、いつか死んだら彼女たちに会って言うのだ。わたしは楽しかった、そっちはどうだった?お互いに羨ましいと言いながら、やっぱりここが一番だったなと思うだろう。そう思う。そうするためにわたしたちは生き延びているのだから

違う日常が今日も流れ続けている。

仕事に慣れてきて、はじめてのお盆休みを楽しみに生きているわたしが、お昼ご飯をつくっている薬指にちょっと変わった結婚指輪をつけたわたしが、婚約破棄のかさぶたからずっと血を滲ませたまま世界で一番好きだった人にコーヒーを入れているわたしが、コロナに負けないとかわけのわからない理屈でセックスの予定をせっせと組み込むわたしが、そこにいる。

がんばれ、と思う。頑張る。こっちは頑張ってるよ、つらいよ、今でもあの時を思い出すけど、頑張ってるよ、たまに思う。

それから、あの、いくつもの分岐点に立っている弱々しいたったひとりきりのわたしに、これからを生きているわたしに、大丈夫だ、と言う。

どれを選んでも大丈夫だから、絶対楽しくやるから、言い聞かせるみたいに、言う。

 

 

100万円35g

1年半と少し前、夫には滞納した税金が100万円以上あった。

結婚したとき、わたしも彼の責任を取らなくてはいけなくなったとき、その重大さに気付いていたかと言われたら全然わかっていなかったと思う

ところでわたしは今も阿保で愚かだ。来月からバイトをしないのに5万円のバッグを誕生日プレゼントとしてねだるような馬鹿だ。(しかももう半年に誕生日は終わった)

でももっと愚かだった。100万円の重さなんて全然知らなかった。

お金なんて誰かが勝手にくれるものだと本気で思っていた。だってお金という概念はわたしにとってずっとそういうものだった。

おそらくはじめて現実に直面したのは8万円近くのお給料を差し押さえされたときだった

夫は、高校を卒業してからずっと全ての税金を見事なまでに支払っておらず、たびたび来る赤い封筒も全く無視した結果、彼の住民税を6年間待ち続け、ついに怒り狂った埼玉県から給料が差し押さえられたというわけだ

去年の秋くらいだったと思う

それまではなんとなく分割手続きをしたものを毎月気分で払ったり払わなかったりしていたが、突然の8万円である。驚き桃の木も通り越して現実が横殴りのハンマーのようにわたしの脳みそを崩していった

幸か不幸かわたしの実家がそこそこに太く、泣きついてどうにか生活は進んだが、埼玉県の某市役所に夫の会社の社長と給料をすごすご持って行き、これ以上曲がらないのではないかというほど腰を曲げ、頭を下げたことはきっと一生忘れないだろう

それから、役所のあらゆる部署に電話をかけ、全ての滞納額を聞き出し、だいたい100万円を払わなければいけないこと、わたしの実習がはじまるまでに全て返さなければ生活が破綻することを改めて思い知らされた

頭が真っ白になるなど贅沢な時間はなく、滅多に働かない頭の中の電卓をひたすら叩き、「マジヤバ」とだけ思った

そうして100万円の恐ろしさを知ったわたしは、夜10時から朝6時までスーパー銭湯で働き、夕方から学校に行ったり、月曜から金曜の朝から夕方までアルバイトをして授業、土曜は朝6時に起きて夕方まで授業、帰って勉強をし、2週間に一度メンヘラ病院に行き、日曜は朝9時から夜9時までアルバイトという鬼のような生活をした

休み週0である

すねかじりのくせにそんな苦学生的な日々を送り、毎月お給料日になると全額を引き出し、束になった支払い用紙を持ってコンビニへ向かった。

お給料前には家中の小銭をかき集め、カップラーメンを食べて吐いた。15キロ近く痩せた。

しかし人というのは恐ろしいもので、休みが週0日でも、どんなに痩せても、なんとなく頑張れてしまう

そうしてなんとなくとても頑張って、今月やっと100万円の返済が終了した。

もちろん返済なので手に入れたものはない。

せいぜい毎月ぺたぺたと貼ってきた支払いの控えくらいである

質量でいうと35gぐらいだと思う

しかし、何も残らなかったかといえばそうではない。全く違う。

わたしはついにお金を知ったのだ。100万円は重かった。試験当日のアルバイト前に朝の満員電車で泣きそうになりながら勉強をしたことも、夫とほとんど顔を合わせることができないすれ違いの日常も、それからこんなクソブログを書くことができなくなったやりきれなさも、それら全部がお金の重さだった。知らなかった。誰も勝手に100万円くれなかった。

改めて両親を思う。勝手に100万円をくれた人たち。当然100万円どころではない。今も月に6万円、年間200万円を超える学費も、子どもの、与えられるものとして当然の権利と思っていた当たり前のものが、当たり前と違った

誰かに頭を下げて、寝る間も惜しんで、当たり前を与えたのだ。

わたしは愚かだった。今も愚かだ。でも少しだけ賢くなった。5万円のバッグはねだるけど、何もかも欲しがるけど、もう当たり前とは思わない。二度と。

わたし百均に生まれる予定だった

破滅したいといつも薄く思う

こちらに向かってくる電車にぶつかってみたいとか、今日誰にも連絡しないでバイトも学校も休んで想像もつかないほど遠いところに行きたいとか、目の前にいる人にマイナスドライバーを投げたいとか、夫のクレジットカードで限度額いっぱいにどうしようもないものを買いたいとかそんなことを思う

誰も期待しない人間に戻りたい

当然電車にぶつかったことはないし目の前にいる人にマイナスドライバーを投げたことはないが、誰にも連絡しないで遠いところに行ったし、自分のクレジットカードを限度額いっぱいに使っていた。

ちなみにさっきからマイナスドライバーマイナスドライバーと言っているが本当にお前はマイナスドライバーを持っているのかという疑問を持った人間に念のため教えて差し上げるとわたしはマイナスドライバーを常備している。なんならプラスドライバーも持っている。

だから物理的にはマイナスドライバーを目の前の人が良さそうなサラリーマンにダーツよろしく投げつけることも可能なのだ。別にプラスドライバーでもいい。

でもしないよ!目に刺さったらかわいそうだし!だって角膜は再生しないからね!!!!!勉強したし!!!

いや、そういうことでもないんだけれども

こんなにずっと破滅したい破滅したいと思い続けているのに生活は正反対に進んでいくのはなぜなのか。

もちろんどうしてか分かればこんな事にはなっていないのだが、思うにわたしはよっぽど人間らしいこころを持ちあわせていないか、人間らしさを持ちすぎているかのどちらかである

そうでなければこんなに説明のつかない状態にはならないだろう

考えている事と全く逆なことを思う。だから正反対に生活は進んでいく。

もうこんな矛盾に疲れてしまったよ

思考なんて高尚なものわたしにははやかったのだ。たぶん女王蜂の手下とかに生まれるはずだったのに間違えた

むしろ蜂に失礼かもしれない

あれだ、きっと百均のプラスチックケースとかだわ!

誰かがぼんやりとやって来て、お前は脳みそがちょっとおかしいんだから大丈夫とか言って消えてほしい

いまはそういう無責任な優しさが必要だと思う

だって本当は百均にいる予定だったんだし。

 

これからどっちでもいい

相変わらず暇なので自分のブログを読んでいた

思い出せない日常がたくさん残っていた

わたしの脳みそは記憶も処理も苦手だ。自分に関することは特に、3年前のことを3ヶ月前みたいに思っているし、1ヶ月前のことは4年前くらいになる。それから、8割がたのことは覚えてすらいない。

言われたら思い出す事もあるけど、それでも4割くらいしか思い出せない

だから過去を読んだところで、そんな事があったのか!という薄い感情が発生するだけで、他人に関する話を読んでいるみたいだった

さて、現在に戻ってみる

太ったら誰からもセックスという価値すら求められなくなると、過食嘔吐ばかりしていたが、今ではそんなにたくさん食べられたことすら嘘のように思う

病人のような言い方だが、まあある種病人なのかもしれない。薬の副作用でご飯がほとんど食べられなくなった。ほとんどというのは必要最低限を超える量は受け付けないという話だが、実際1年前より10kg以上も体重が減った。BMIをみると拒食症の域である。しかし痩せたからといって夫がセックスという価値でわたしをみることはほぼない。結局太っても痩せてもセックスの域でわたしはあまり必要とされなくなったということだ。それからわたし自身もセックスで自分を作ることをしなくなった。

文章はどうか。こちらも似たようなものだと思う。生活、勉強、向精神薬発達障害の薬、睡眠導入剤、そういうもの全てがわたしから文章をなくした。わたしが、それらを得るために文章をなくしたとも言えるかもしれない

星の数、読者の数、何人がどの記事を読んだか、そういうのは全部、課題の評価がA+を保っていることや、バイト先で時給が上がることに変わった。

文章を書くことはやめられなかったけど、ブログはもうわたしの一部でなくなったみたいだと思う。セックスと同じだ。

記憶は戻らないと書いたが、唯一鮮明に思い出したことがある。死にたくなかったんだということだ。

今ではもう生きたくないと死にたくないを繰り返していたころを羨ましく思う

わたしはいつのまにか死を思うことをやめてしまった。もうオーバードーズリストカットもしていない。

オーバードーズすれば腎臓に悪影響だと当たり前のように思う。リストカットも、傷口から感染したら嫌だし見た目も悪いからしない。

死について考える事もやめた。厳密に言うとやめたのではなく、できなくなった。

死にたいとも生きたいとも思わなくなった。どっちでもいい。炒飯かラーメンか決めろと言ってんじゃないんだから馬鹿かと自分でも思うが、本当にどっちでもいい

はー死にてーとは思うが、以前のように死なないと!とは思わないし、逆に、生きたい!とも思わない。これが正常でフラットな、いわゆる普通な状態なのかわたしにはもうよくわからない。以前と同じ熱量を生死にかけられなくなった。

これは一大事である。さよならアイデンティティーどころの騒ぎではない。(どうでもいいけどさよならアイデンティティーはyonigeというガールズバンドの曲名、好き)

アイデンティティの崩壊だ。わたしは自分を構成してきたセックス、文章、死、それを全部をなくしたのだ。

いまのわたしと交換したい?

以前のわたしに聞いてみたい

いまのわたしは、あの頃のわたしが望んだわたしなのか。死にたくなかったわたしは、本当にいきている今をのぞんでいたのか。

もちろん答えてはくれないから今日もどっちでもいいなと思いながら生きている

それから、当然、生き続ければ思い出せない記憶も感情も増えていく

これから先のどっちでもいいは思い出せないそれらにせめてもの償いをするために生きるのかもしれない

アレクサが来た

めっちゃ暇なのでアレクサについて書く

めっちゃ暇なので(2回目)アマゾンエコードットとネイチャーリモ(家電とアレクサを中継するやつ)を買った。ちなみにめっちゃ暇すぎて鼻をほじっていたら学校の課題第2弾が届き、今はヒイヒイ言いながらアレクサと格闘しつつ課題をといている。まあでも暇(3回目)なので書く。

ちなみに、アレクサ 設定と検索してわたしのブログが出てくる可能性は明らかに低いが念のため注意をしておくがわたしは機械音痴のど素人である。あまり参考にならない可能性が高いと思って見て欲しい。あと言語を英語で設定しているのでiftttなどの設定はたぶんあてにならないと思う

あと購入したのはエコードットwith clockとネイチャーリモミニ、商品の紹介とかURLはアホほどネットに載っているので省く。アマゾンで検索すれば5秒で出るし。

(アマゾンエコードットと書くのが面倒くさいのでこれ以降はアレクサと書く)

1.アレクサが届く

2.喜ぶ

3.ネイチャーリモを繋げてリモコンをピッピする

4.アレクサが勝手に喋るので設定する

※愚かポイント1:アレクサを英語で設定する時は日本版アマゾン/co.jpのプロフィールではなくアメリカ版アマゾン/.coのプロフィールでログインしないと音声認識ができない

5.skillでネイチャーリモを検索して連携する

6.TVでfiretvを連携させる

7.アレクサの言語設定を日本語→英語に変える

8.alexa,Do you know my name?と聞く

9.いまむりー(at this time I am having trouble learning your voice)と言われる

10.一度ログアウト→アレクサのリセット→初期設定から英語で行う(×3)

11.いまむりアゲイン(×3)

12.めっちゃキレてAmazonにしつこく問い合わせる

13.日本のAmazonアカウントで登録した場合言語設定を変えると音声認識ができなくなることが判明(愚か)

14.諦めて音声以外の機能を英語で使うことにする

15.iftttの設定をする

※愚かポイント2:例えばthisをアレクサ、定型ワードをI run the bathにした際→I learn the busと聞き取ってしまい、どうしてもアレクサが認識してくれない

16.自分の愚かさを嘆く。わたしは英語を勉強するために英語設定にしただけで別にネイティブでもないのでrやthの発音がめちゃくちゃに苦手

17.ここでアレクサが機械であることを認識(遅い)

18.日常会話が通じていたのは言葉のキャッチボールがあるから…………という今更のことに気づく

19.無理すぎて泣く

20.気を取り直してrunとかbathをやめる(Trigger I run the bath→Trigger I prepared to take showerとか)

ちなみになぜ風呂を沸かしたか報告しないといけないかというとわたしが愚かすぎてお風呂を沸かしたことを忘れるからである(うちにはなぜかお風呂が沸きました的な効果音がない)

21.設定が終わった!ハッピー!!!!!

終わり。

個人的にめっちゃ便利と思ったルーティン

・薬を定時に飲まなければいけないので、何が起きたら(when this happens)のところをI took medicineと言ったらにする→2時間おきに薬を飲めと言わせる(アクション×4)を追加する

⇒朝一の薬を飲んだ報告をしたらその後薬飲めと言ってくれる。最高。

・I'm going to studyと言ったら→1時間待つ+休めと言わせる+15分待つ+勉強に戻れと言わせる

⇒勉強しててえらーいとなるし定期的にたばこが吸える。

・時間を深夜3時(夫が確実に寝るであろう時間)に設定→スマートホームから電気を選んでoffにする

⇒夫が寝落ちしても電気が勝手に消える

はーーーーーー!!!!!!!!ハッピー!!!!!!ありがとうアレクサ !!!!!!!はやく言語に対応してね!!!!!!わたしもrとthの発音頑張るね!!!!

以上です。

勉強したい小中学生は連絡してくれ

すっごいどうでもいい宣伝なんだけど

結論から言うとお金をかけずに勉強がしたい小中学生を紹介して欲しいと言う話である。もしそういった知り合いがいたらTwitter @ktkmryまでDMを送ってください。まあ結論のみを述べると以上となるがせっかくなので余談を挟んでおこう

わたしは今猛烈に暇である。バイトはなく(休業手当が出ている)、学校もなく(課題はとっくに終わった)、家は掃除のし過ぎで床が剥げるのではないかと危惧するほどきれいになった。さらには洋画を見過ぎて日本語がうまく話せなくなったほどである。

そうしてぼやぼやと昔を思い出していたら小中学生に学習ボランティアをしていたことを思い出した。

暇な時間はオンラインで小中学生に国語と英語を教えたらいいじゃないか!なんという天才!当然タダである。なぜなら暇だからだ。(そして授業料を取れるほど大した授業はできない)

まあそもそも心の美しいわたしにはそういったことで金を稼ごうという邪念がないのだ

という経緯。終わり。

ちなみに隠れ能力として英語がそこそこ話せます、、、、